読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

路上の紙切れでも拾ってくれる人はいる

■退職

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

いやはや、ちょっと体調を崩しておりました。

自分が休んでいても世の中というのは何の問題もなく回っていくものですね。

天啓を超えろ!誕生日まで逃げ切るんだ! - Coyapuyo Re:Works

 

そんなこんなで倒れていた間にですね・・・

 

続きを読む

天啓を超えろ!誕生日まで逃げ切るんだ!

■映画・マンガ・アニメ

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

皆さん、長生きしてますか?

僕はと言えば、30歳になってからですらもう3年も経つのかと唖然とするばかりです。

 

www.coyapuyo.com

 

そんなでも、中でも僕のこの1年には案外重要な意味があってですね。

今日は「コイツ何言ってんだ?」的なお話をおひとつ。

 

続きを読む

地方民にとっての大学進学の役割

■るろうの旅-田舎暮らし

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

世は受験シーズンですね。

大学への進学率自体がとても高い昨今。

大学へ行く方が半数前後で特段珍しくもなくなり、さらには進学しても遊んでいることが多いとあって、その意義や価値に疑問を投げかける論調も多くなってきました。

 

実際に卒業しても、大学で学んだ事や作った論文を活かした職業に就く人は少ない印象です。

実技や経験よりも知識を重視する教育であれば、今はインターネットでも知識は手に入りますし、オンラインの授業でも十分なぐらいでしょう。

 

ただし、地方民にとっては大学進学にはとても重要な役割があると思うのです。

 

続きを読む

時代は流れ、そしてまた繰り返すミルフィーユ

■雑記・コラム

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

30代のお兄さん、お姉さん方!

テレビで見かける有名人、自分より年下を見かけることが多くなってきて驚いたことはりませんか?

 

そう、世の中で何かを成し遂げて大成したり、世の中を動かしている人たちが自分と同世代かあるいは下の世代になってくる、そんなお年頃、30代。

 

まあ、時代は当然流れていくものなので、世代交代が起こるのは自然の摂理です。

そこで、前々から思っていたのですが・・・

 

続きを読む

ターミナル駅でも流れる、ピンポイントな車内広告に異議あり?意義あり?

■雑記・コラム

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

車内アナウンス

 

「次は、××(駅)です。

 スーツの○○(お店)へお越しの方はこちらでお降り下さい。」

「次は、××(駅)です。

 メガネの○○(お店)へお越しの方はこちらでお降り下さい。」

 

僕は通勤経路で大阪の地下鉄を使うことがあるのですが、こんな感じの車内アナウンスをよく耳にします。

 

続きを読む

舞い降りたチャンスにノリで飛び込めるか?

■雑記・コラム

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

先日、とある番組をたまたま見かけました。

チャンスにのる

番組の内容はざっくりと以下のようなものです。

 

・番組で(誰かやりたいであろう)チャンスを用意する

 テーマパーク貸し切りでの告白、イルカと泳ぐ、滝行等

・待ちゆく人に適当に声をかける

 「今すぐ○○やりますか?やりませんか?」

・「yes」と答えた人に今すぐやってもらう

 打ち合わせして後日、一旦帰宅、等はなく本当に今すぐ実行

 

 

続きを読む

僕たちに残された時間は少ない

■雑記・コラム

あけおめことよろ、こやぷよ(@coyapuyo)です。

(いやー、平仮名ばかりで読みにくい!)

 

年末年始。

それらしい発言やまとめ、あいさつも出来ないまま、「お金がない!」などと叫ぶばかりであっという間に終わってしまいました。

 

というわけで、今日はこの問題について・・・

 

続きを読む

定時帰りの仕事に転職したら家計が火の車でござる

■退職

こんにちは、今年も「クリぼっち」だったこやぷよ(@coyapuyo)です。

 

なお、参考までにを御覧ください。

headlines.yahoo.co.jp

 

クリスマスにひとりぼっち、もはや珍しくもなんともなく、すっかり多数派になってしまったようですね。

 

(元々日本でクリスマスの習慣が始まったのなんて歴史は短いでしょうし、ぼっちじゃない人が多かった時代というのがあったのかどうなのか、その数字や比率はどうだったのか、ちゃんと比べてみないとなんとも言えないところもありますが)

なんとなく、今の時代をよく表している数字のような気がします。

 

恋愛モノの作品が受けなくなってきていると言われますし、男性も女性も一人でも生きれるようになってきたこと、恋愛を代替するものが増えてきたことが影響しているんでしょうね。

 

続きを読む