読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

感想・映画「ひるね姫」のファンタジー要素はすべて壮大なブラフ

■映画・マンガ・アニメ

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

映画「ひるね姫」観てきました。

個人的に近年はヒット作が多くて楽しいですね。

業界が盛り上がるのは良いことですよね、うん!

 

劇場版「ソード・アート・オンライン」を観ていたときにCMが流れていて、その時点で視聴を心に誓っていました。

 

が、実際に僕が行った回では入り具合は20%程度でした。

直前には結構なプロモーションもかけていたように見えましたが、世間での認知度はこんなものなんでようかね・・・。

 

というわけで、ひるね姫について書いてみたいと思います。

 

続きを読む

面接で逆面接してしまう真面目系クズ人間

■退職

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

客先に常駐させて頂くとき、必要になってくるのが「面接」ですよね。

受け入れる側のお客様としては、

どんな輩なのか、お願いしたい作業にマッチするのか見極める必要があります。

(まあ、正社員を雇うよりはハードルは低いかもしれませんが)

 

handshake-2056021_1280

 

続きを読む

生産性を上げる効率の良い究極の方法は残酷?

■憂鬱-ADHD ■退職

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

皆様、生産性、高まってますか?

業務効率、改善してますか?

 

生産性ムーブメント、ここ数年で高まっていますよね。

 

生産性の重要性については言わずもがな、

ないよりはあった方が良いに決まっています。

 

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

自分の時間を取り戻そう―――ゆとりも成功も手に入れられるたった1つの考え方

 

 

日本の1人あたりのGDPが他国に比べて低く、人口規模があるので総量では良いポジションにつけていても、1人あたりではすこぶる効率が低いのではという話もよく言われる話ですよね。

 

そう、生産性が低いというのは問題です。

 

続きを読む

ダラダラするのが目的だけど、ダラダラしていたらダラダラ出来ない問題

■退職

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

最近なんだか人生がつまらないです。

すでにお気づきの方も多いと思いますが、

それはこのブログの最近のつまらなさにも現れていますよね。

はい、申し訳ございません。

 

会社との往復をするだけの日々が始まり、特にイベントも起きない・起こさない日々が続いています。

 

サラリーマンともなると、あまり仕事のことも書けないですしね。

そもそも平穏無事でそんなに何も起きない現場なので、仮に書いて良いとしても別の意味で書けなかったりもするのですが・・・

 

色々と問題点があって繋がっているのでしょうけれど、原因としては・・・

 

続きを読む

路上の紙切れでも拾ってくれる人はいる

■退職

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

いやはや、ちょっと体調を崩しておりました。

自分が休んでいても世の中というのは何の問題もなく回っていくものですね。

天啓を超えろ!誕生日まで逃げ切るんだ! - Coyapuyo Re:Works

 

そんなこんなで倒れていた間にですね・・・

 

続きを読む

天啓を超えろ!誕生日まで逃げ切るんだ!

■映画・マンガ・アニメ

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

皆さん、長生きしてますか?

僕はと言えば、30歳になってからですらもう3年も経つのかと唖然とするばかりです。

 

www.coyapuyo.com

 

そんなでも、中でも僕のこの1年には案外重要な意味があってですね。

今日は「コイツ何言ってんだ?」的なお話をおひとつ。

 

続きを読む

地方民にとっての大学進学の役割

■るろうの旅-田舎暮らし

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

世は受験シーズンですね。

大学への進学率自体がとても高い昨今。

大学へ行く方が半数前後で特段珍しくもなくなり、さらには進学しても遊んでいることが多いとあって、その意義や価値に疑問を投げかける論調も多くなってきました。

 

実際に卒業しても、大学で学んだ事や作った論文を活かした職業に就く人は少ない印象です。

実技や経験よりも知識を重視する教育であれば、今はインターネットでも知識は手に入りますし、オンラインの授業でも十分なぐらいでしょう。

 

ただし、地方民にとっては大学進学にはとても重要な役割があると思うのです。

 

続きを読む