Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになったかもです。

■憂鬱

2日連続でケツを強打することの意味を問う

ケツが唯々痛い。そんな話。

連休が来るたびに何かしなくてはと思うのも違う

連休だから何かしなくちゃ無駄にしてしまう!そう感じること自体、何かが間違っている気がしませんか?

金曜休みと月曜休み、どっちが好きか問題

月曜が休みの方が心理的にありがたいくないですか?

トイレを制するものが仕事を制する

トイレの個室がいつも空いてない問題。

「慣れ」には、良いものと悪いもの、2種類存在すると思う

慣れとは恐ろしいものです。慣れたと思っていたものは自分の心に鈍感になっているだけかも?

気付いていますか?自分の中の残業を望む心と望まない心

残業の是非には賛否がありますが、アナタはどう考えているでしょうか。

再就職前だけど、仕事出来ない気配がヤバイ

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。 年明けからバタバタしています。 無職で暇なハズなのに、むしろ働いていた頃より忙しいのでは? (睡眠時間は取れているのでそれだけは今の方が大正義) 理由は、就活や引っ越しをしていたから、なのですが・・・ …

戦略的にグズを克服しよう、「ナウ・ハビット」

グズ人間界においてはバイブルとも言われる名著「ナウ・ハビット」。古典ではありますが、改めて読み返してみるとその要素には「アドラー心理学」の「目的論」と、GTDの記録メソッドを含んでいることに気が付かされます。

お年寄りに対して無条件に尊敬出来る点、それは

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。 いつの時代も「最近の若い者は・・・」という論調は繰り返されてきました。 あ、ちなみに、「昔は良かった」なんていうのは特定の時代を指すのではなく、常に発言者の20代の頃を指しているなんていう説もあるらし…

「嫌われる勇気」の続編「幸せになる勇気」 登場、その比較

あの「嫌われる勇気」の正当な続編「幸せになる勇気」が発売されました。前作との差異など、読んでみてのファーストインプレッションについて書いています。

心身が荒れているときには部屋が荒れる、けど

部屋が荒れるときは決まって心身が荒れているとき、部屋を見れば心身の余裕のバロメータとして見ることが出来る、そんな体験について書いています。

無職だけど、お釣りをプレゼントしてみた

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。 「フッ、釣りはいらねぇ、とっておきな・・・」 不敵な笑みを浮かべながら男は釣りを受け取らずに去って行った・・・。 一度は行ってみたいセリフですよね。 そう、コートをはためかせながら、ね。

「えーっと」が喋りの先頭に付く輩はおバカさんなのか

喋り出しが「えーっと」から始まる人、いますよね。本当に何を考えているのだか、トロくてイライラしてしまいますね。一体、頭の中はどうなっているのでしょうか。その人はもしかしたら「ADHD」かもしれません。

下手に成功体験があると弱者戦略が取れない

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。 突然ですが僕はスポーツが出来ません。 が、勉強の方であれば小さい頃は多少は出来たんです。 と言っても、1学年10人ちょっとの小学校で3本の指に入っていたというだけの輝かしい成績なのですが・・・

加速していく世界で、自分だけが取り残された時間軸にいる感覚ない?

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。 僕が生きにくさを感じる大きな部分、それは、 「自分だけ時間の進み方が違う」 という感覚に言い表すことが出来ると思っています。 見えている世界や生きている次元が違うんじゃないか、と 本気でそう思わされる程…

メンタルとフィジカルの両方が駄目になったとき人は落ちる

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。 人がネガティブに足を止めるとき、 メンタルがボロボロだとか、 フィジカルが(肉体的に)ボロボロで体が動かないとか、 色々な理由があると思います。 今日は、そんなメンタルとフィジカルについて思うところを少…

天体観測だけじゃない、BUMP「鬱向け」ソング5選

「BUMP OF CHICKEN」というバンド、ご存知でしょうか? 「天体観測」が有名ですが、それ以外にも名曲はたくさんあります。その中でも、人生に疲れて鬱気味な人にこそ聴いて欲しいオススメの曲をご紹介します。

恐怖は二次的なもの、本当に行動を止めさせるのは「矛盾」

行動出来ない、決断出来ない。そんなとき怖いこと、恐怖が原因だと言われることが多いです。でも、僕は「矛盾」こそが人の行動を止めるんだと思い初めました。もっと言えば、矛盾が恐怖を生み出しているのでは?

急な連絡が来ると、乱れてしまってツラい

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。 今日は、一本の連絡によってかき乱されてしまいました。

リアルに「こころが叫びたがってるんだ」を体験した話

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。 いやー、面白いことが起きました。 今日自分の身にリアルに「こころが叫びたがってるんだ」体験が発生しました。 「こころが叫びたがっているんだ」は以前にも紹介したことがありますが、 映画のタイトルであり、あ…

逃げちゃ駄目だ、逃げたら負けだ、でも逃げ切ったら勝ちだよ!

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。 たまに偉そうな口調で文章を書いていたりもしますが、僕は基本的に「逃げ癖」のある人間です。そんな僕が、今日は「逃げ」について書いてみようと思います。

鳩に餌付けする無職の自分、他人にエサやってる場合じゃないだろ!

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。先日、近場の大型商業施設でアイスクリームを楽しんでいました。(写真はイメージです。)ところがこの場所、野外のオープンな場所なのもあって、楽しんでいると「ハト」がよってくるんですよね。

週末の喜びとブルーマンデーの憂鬱が織りなす光と影の、そのはじまり

10年前のあの日から、すでに会社に行きたくなんてなかったのさ。そう、兆候は、入社した頃からすでに現れていたんだですよね。まあ、今から思えば可愛い状況で、ブーブー言ってるだけですけどね。

やるやる詐欺師のやるやる詐欺師たる所以を教えよう

10年前のあの日から、僕はちっとも変わってなんかいなかったんだ。やると言いながらもやらない、そんなちょっと自由を履き違えた甘酸っぱい空気を僕は纏っていた。

懐かし!10年前にあった、「ポーション」「かめはめ波」

10年前のあの日、僕は浮かれていたんだ。子供のころから憧れていた、あの技が使えるっていうんだからね。それもP・Jが使えるっていうんだから、それはそれはリアルな体験だったよ。ある意味VR体験の先駆け的なものだったかもしれない。

彼に来て欲しくて来てほしくて震えた、バイト戦士の苦悩

10年前のあの日、彼はどうしても来ません。いや、僕の目線から見れば、行かない、ということでしょうか。なんか、本当に行かないんですよね。

退職、自分の感情に向き合えば不毛に走り続けなくてもよい

退職して良かったと思えることの一つに、自分の感情に向き合える、ということです。

後部座席のドアを閉め忘れるクセ、しかも全く覚えてないタイプ

車の後部座席から降りた後、ドアを閉め忘れることありませんか?自分は結構な頻度であります。大きなところでは、2つぐらいのエピソードが・・・

電話に出られない、取れないってことあるよね、精神的に

AM9:00過ぎ、ケータイに着信が・・・心臓がドクンと脈打ったのが、判った。なぜだ。なぜこんなにもビビっているのだ。

孤独なる戦い・・(2006/1/9(月) 午後 8:27)

// 10年前のあの日、僕は孤独に戦っていました。そう、いつだって、戦いとは孤独なものです。