読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

死んだ魚の眼でも元気にはなれる

■退職 ■憂鬱
スポンサードリンク





9年間会社務めの間、
ずっと自分は死んだ魚の眼をしていたという自負はある。

 


会社を辞めたあと、
この4月後半なんかは、体調を崩して寝込んだりもしていた。
別に前に進めたわけでもない。

自分が何者であるのか、ありたいのかも
分からないまま、
1ヶ月などあっという間に過ぎてしまった。



しかし、先日、こう言われたのである。

「なんか元気になったように見えます。」

会社員時代の自分を知る彼は、
会社員時代と今を比べて、
元気そうだ、とそう言ったのである。

何を成し遂げたわけでもない、たまに寝込んじゃうような
今の自分と比べてである。



会社員時代には、
とても張り詰めているので、
倒れる事も許されないまま体の声を聞いてやることも出来無い。


だけど、今ならば体が発するサインを
見過ごすことなく必要に応じて休んであげることも出来る。



何を成さなくても、
人は元気になることが出来るのである。

元気になろう、まずはそれからだ。


今でも死んだ魚の目には違いないが、
それでも、
鈍く濁った輝きぐらいは灯せるのかもしれない。