読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

くつろげる街は住みやすいと思う

■雑記・コラム ■るろうの旅
スポンサードリンク






関西に住んでいて、
ちょっと住みづらいと思う点がある。


三都と呼ばれる
大阪でも、京都でも、神戸でも、
共通して感じること、それは・・・


「街中で、休める、くつろげる場所が少ない・・・!」


もっと具体的に言えば、
ベンチや、座り込める花壇的なものが全然ない
ということ。

 



具体的な出典や統計をもとに調査した訳じゃないので全くの主観になるけれど、

クアラルンプール(マレーシア)
横浜
博多

では、その辺の路上で座り込むってことが
簡単に出来るようになっているように思う。


ちょっと歩いただけでも疲れてしまう自分としては、
街にでたらちょこちょこ休みたい。
休んでは進む、進んでは休む、をやりたい。
(それも、カフェとかに入ることなく)


また、札幌や名古屋のように
街のど真ん中で通りを一つ潰して
大通り公園にしているのも個人的に素晴らしいと思う。
大都会でありながらその真ん中で憩えるようになっている、というね。


これがなんか良いなぁと思う。


と、こういった工夫があれば
人混みでギスギスしがちなイメージのある都会でも、
気持ち良く過ごせるというもの。


関西にも、
もっとベンチが増えてくれないかな!