読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

使っているベットと枕が自分にあっているか確かめる方法がある

■健康-睡眠 ■健康
スポンサードリンク







よく、ベットやマットは自分に合っているかどうかが大事
という話を耳にします。

 



寝ているときに良いとされる状態は、
結局立っているときと同じ背骨の状態なんだそうです。
ピンと背筋を伸ばした真っ直ぐな状態。

でも寝るとおしりの肉とかがあるので、
背骨がまっすぐになるようにほどよくおしりや腰が沈んで欲しい。

頭も同じですね。
背中と後頭部の段差を埋めて頚椎がまっすぐになるよな高さ、硬さの枕が必要。


人によって、骨格や肉の厚みは違うので、
”自分にあった”という言い方になるというわけですね。

で、気になるのは
今使っているベットと枕が自分にあっているかどうか、
ですよね。

寝れなかったり睡眠トラブルはベットや枕のせいなんじゃないか、
そんな疑念はあるけれど確証はない。
また、そうだとしてもどうやったら自分にあっているモノを選べるのか。



あるんです。
簡単な方法が。


それがこちら。

①足をこうして




②腕をこうして




③こうしてみる




④もういっちょこうしてみる





おしまいです。
これをやってみて、③④がスムーズに出来るのなら
背骨はまっすぐな状態です。
つまり、自分に合っている状態。


もし合っていないと、
手を使って一旦腰を浮かせたりしないと動けない
ハズです。



簡単なのでお試しアレ。


ちなみに自分もこれで調整してうまくいってます。

敷布団と枕を変えたら全身の凝りが改善した気がする