読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

ADHDに唯一希望があるとすれば

■憂鬱-ADHD ■健康
スポンサードリンク


ADHDは治らないし、
この状況を救う手立てはない。

そう、思い知らされた。

関連記事:ADHD傾向にある自分の特徴





 

唯一希望があるとすれば

唯一希望的な情報があるとすれば、
それは、過去の偉人や有名人の中にもADHDの人は存在し、
むしろADHDらしさを発揮して
独自の発想などから革新的な偉業を達成している人も多いという、
そんな情報だった。

例えば

・ウィル・スミス
・スティーブ・ジョブズ
・トーマス・エジソン
・アルバート・アインシュタイン
・セカオワ 深瀬
(ADHDというか発達障害でくくっているので、
 アスペルガーも含む)

サヴァン症候群ほど極端ではないが、
ある面では普通の人よりも有利である可能性がある。

今時点の社会制度や環境にそぐわないだけで、
レールから外れたところでは活躍出来るかもしれない。

自分の性格診断でも、以下のそうそうたる人物と同じ傾向が出ている、
らしい。

・ソクラテス
・デカルト
・アイザック・ニュートン
・ユング
・アルバート・アインシュタイン

過去記事:性格診断の結果、論理学者タイプと判明、本当か?




結局は折り合いをつけるしかない

ADHDに出会ってから7年ぐらい仕事をしながら考えた。
色々と悩んだりもした。

でも、結局のところ、
分かったことは、
あまり関係がないのだということ。

自分がADHDだろうと、そうでなかろうと、
折り合いをつけて生きていくしかない、
ということである。


ただ、重要なのは、
自分に出来ること、
何になら興味を持てるのか、
責任を持てること、
何が出来て、何が出来ないのか、
それは修練でなんとかなるのか、
本質的にどうしようもないのか。


自分のことを知ることである。


自分のことがわかってくれば、
色々と手が打てるようになる。
嫌なものには近づかないで、
好きなものに近づくようにすることが出来る。


これが折り合いをつけることの正体だと思う。