読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

孤独なる戦い・・(2006/1/9(月) 午後 8:27)

■憂鬱-10年間の変化 ■憂鬱
スポンサードリンク


10年前のあの日、
僕は孤独に戦っていました。

そう、いつだって、戦いとは孤独なものです。




 

 年末年始あまりにもダラけすぎてたので
さすがにやばいと思って今日は研究室に行ってきましたよ。

しかし学校に入るのに問題が・・・


「なるほど・・電子ロックか・・・まぁ休日だしな」


事前に入手していたパスワードでヒラリと電子ロックを
回避して鮮やかに学校に潜入したオイラ。さすがオイラ。

実際は潜入にはかなりアタフタしててこずったなんて事は断じてない。
そう、断じてないんだ・・

うるさい!休日出勤なんてめったにしないんだからしょうがないじゃないか( ゚Д゚)!!


そんな過酷な潜入ミッションをクリアし目標までたどり着くと

なんと!教授がいないじゃないか!
単身赴任なので年末年始は家族の所でゆっくりしてる模様。

そうかそうか、ヤツも明日から来ようという腹か・・
これで今日は安心してすごせるな、怒られる心配もない。

教授どころか他の人も全然来ていない。

2週間ぶりで懐かしさすら覚える研究室に
人はいないし、オイラを誘惑するものもない。
こいつは集中できそうだ!

そう、ここからオイラの孤独な戦いが始まるのさ!





と思ってたら3時半頃・・




帰ってきやがった・・・

教授が帰ってきやがったァ!
((((;゚Д゚)))ガクガクガクブルブルブル



今日帰ってきたとか言ってるが、だったら今日はまず家でゆっくりしてくださいΣ(゚Д゚;!

そう言いたかったです orz

まぁ、機嫌はよかったので何事もなかったですけどね








   *********************************








これで終わりと思ったら大間違い!
実はこんなのは孤独な戦いでもなんでもないです!

オイラがほんとに伝えたかった孤独な戦いは!
そう、本当に伝えたかった孤独な戦いはァ!!
こんなもんじゃないんだぁ!!!

それは昨日までさかのぼります。

昨日は、え~と、そう、日曜日ですよね
日曜というとオイラはバイトがあるわけで・・・

あーそうそう、バイトの前に電話がかかってきましたね。

何でも今日のシフトで相方のヤツが時間帯を入れ替わってほしいと。
相方といってもシフト5時間半のうちそいつと一緒なのは3時間で
2時間ずれて入ってくるのでその順番を変われ、と。

見たいテレビがあるからオイラが先に出て、あとでそいつが行くって話らしい。

そんで渋々了承したオイラはいつもより早く夜7時半から出勤したわけですよ、ええ。


んで時刻は9時半。
このときいた相方があがる時間。

この後10時からさっき電話で話したやつが来るはずです。
しかし9時半で一人いなくなって次の10時にそいつが来るまでの30分は
人手不足のためオイラ一人でやらなきゃいけないんですよ。
基本的には常に2人体制なんですがこの日はそういう変則シフトが組んであったんです。


そう、これこそがオイラの孤独な戦いですよ!!


ほんとに店の関係者は店内にオイラ一人だけって状態です。
レジが込んでても、隣のレジを開けるなんて事は不可能です。

まあしかし30分ぐらいならなんとかなるでしょう。

このタイミングで来たお客さんには悪いけど多少込むのは我慢してください。

あと、弁当いっぱい買うの辞めてください。
暖めるのに時間かかるんで・・・

あと、タバコとか肉まんとかフランクとか取るのに時間かかる
ものいっぱい頼むの辞めてください。

あと、一人並びだしたら他のお客さんもいっせいに並びだすの辞めてください
列が出来ると後ろの人の視線が痛いんで・・・
お客さんの機嫌が悪くなるんで・・
お客さんの機嫌が悪いとオイラの機嫌も悪くなるんで・・

あれ?

ちょ、ちょっとまって!

これ結構きついんですけど?

早く次のシフトの人助けに来てくれません?

これ、もうもうもたないってば!

え?

おかしいなぁ、コレ10時過ぎてるように見えるんですけど?

ううん、夢じゃない、夢じゃないよコレ。

10時過ぎてるのに相方が来てないっていう紛れもない現実。

戦わなきゃ現実と。

しかもお前、電話のとき今日は変則シフトできつそうだから9時半に行くよ
ぐらいの事言ってなかったか?

ああ、でも夢じゃない、夢じゃないんだコレ。





うおぉぉおおおおおおおぉ!!!!!(#゚Д゚)






結局ちょっと客足が収まって彼に電話できたのは
10時半過ぎ・・・
一時間も一人でやっちまったじゃねぇか!(#゚Д゚)ゴルァ!!


電話に出た彼は
寝てた、と。
すぐ来る、と。
そのように言いました。

まぁでも彼の家から歩いてくると結構時間がかかるから
まぁ11時にはなるかな、とオイラの計算。

1時間半1人ですか、ヤレヤレだぜ┐(´д`)┌


そして客足が再び少し増えてきます。
そう、となりのパチンコ屋が11時閉店なのでその客が流れてくるんですね。
いつも程ではなかったですが案の定お客さんが少し増えてきた・・・

ってアレ?
おかしくないコレ?

なんか増えてきたと思ったらこれ、時計が11時回ってるんですけど?

おかしいなぁ、すぐ行くって事から計算するとそろそろなんですけど?

何コレ?二度寝?二度寝なの?

それとも何か?事故?路面は凍ってたりしたし何か転んだりして病院へレッツゴーとかそんなんか?



うおぉぉおおおおおおおぉ!!!!!(#゚Д゚)





結局11時半になっても彼は現れず、
賞味期限切れの商品を片付けるという
レジを離れなければならない、一人ではきつい作業の時間帯に突入。


幸いその時間にはあまりお客さんもおらず、
商品チェックもそんなに大変な量はなかったので
なんとかやりとげました。

ってアレ?
やりとげちゃった?
やりとげちゃったよオイラ!!

てことはアレだね?
この作業が完了した12時になっても
彼は現れてなかったってことだね、そういう事だね?そうなんだね?



うおぉぉおおおおおおおぉYES!!!!!(#゚Д゚)



何度目の結局かわかりませんが、
結局、彼はこの後オイラが洗い物を始めた
12時過ぎに現れたんです、ええ。 。・゚・(ノД`)・゚・。ウエエェェン


そして彼は言ったのです。
あれから風呂入ってなんだかんだ準備して出発が11時半、と。
来る途中寒波により凍りまくっててほんとに歩くのが大変で下半身に力が必要だった、と。
来るだけで疲れた、と。


ゴ━━━━(# ゚Д゚)━━━━ルァ!!



ゴ━━━━ヽ(`Д´)ノ━━━━ルァ!!













そしてオイラは1時まで職務を全うし
孤独な戦いに別れを告げて帰っていったとさ・・・


ちなみにオイラが去った後の店長のデスクには辞表めいたものが残されていたとかいないとか・・・


10年も前の話なので、時効だと思いたいですが、
孤独でしたね。


まぁ、僕が孤独なのは今や10年前に始まったことではない、
ということです・・・


いや、この人、本当に常習犯で遅刻はしょっちゅうだし、
ホントに困ったもんでした。。。