読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

書こうと思った瞬間が鮮度が一番高い、ブログの書き時

■雑記・コラム ■デジモノ-ブログ運営
スポンサードリンク


ここしばらくは、ネタを思いついたら
その瞬間にメモしてストックするようにしている。




それで、分かってきたことひとつ。

 



ストックしたネタは鮮度が落ちる



お、これはいいと思ってメモをしたハズなのに、
次にそれを開いてみても特に熱が湧いてこない。
こういうことがある。


その時思った、想いのようなものが、
ピッタリと湧いてこなくなる。
こんなこと言おうと思ったけど、
よくよく考えるとそうでもないかもしれないな、
とか思ったり。


時事ネタや季節ネタだったりすると、
そうこうしている間に旬を過ぎてしまって
喋れなくなったりもする。
そういうネタがすでにいくつか眠っている。



そう、そういった記事は、
気持ちの上でも需要の上でも、
あらゆる意味で鮮度が落ちている、と思う。



ただし、ブログ自体はフロー型ではなくストック型メディア



もちろんブログはストック型のメディアなので、
あんまり鮮度に拘ることもない。
もしかしたら、本当に伝えたいことなのかどうか、
一旦考える機会を持つことで、質の確かなものだけが
Web上に上がっていくとも言える。
一旦寝かせて落ち着いてから見る、っていうね。


多分これは一律ではなくて、ネタによって違うんだろう。
そのうち、鮮度を保った方が良いものと、
冷蔵庫に置いておいた方が使いまわしが良いものが、
見極められるようになってくる、かな・・・



でも、自分のような段階においては、
そんなこと考えるよりもどんどん書いていった方が良い気がしている。


これは多分、
ブログネタでなくても同じなんだろう。



物事には鮮度がある。
何事も、「思い立ったが吉日」ってこと!