読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

彼に来て欲しくて来てほしくて震えた、バイト戦士の苦悩

■憂鬱-10年間の変化 ■憂鬱
スポンサードリンク

10年前のあの日、彼はどうしても来ません。
いや、僕の目線から見れば、行かない、ということでしょうか。
なんか、本当に行かないんですよね。





 

生まれ出づる日 ( 2006/2/7(火) 午前 1:21 )より

そんなオイラもこの前の日曜日で
またひとつ歳とっちゃいました~~
ドンドン、パフ~♪ヽ(´Д`;)ノ ランタ タン♪


そんなこんなでなんか誕生日イベントが起きるんじゃないの?!
と、勝手に期待を膨らますオイラ(;゚д゚)....


はい!!日付代わって誕生日になっても何もなし!!!


まあ待て、落ち着くんだ。
そうさ、今日はまだ始まったばかり!
歳をとったてのに大人げなかったな!歳相応の落ち着きを見せるときは今なんだぜ!!


AM 1:30 着信!!!!

おお、キタコレ!!!!

いいよ~!!いい感じだよぉ!!!

人生待ってみるもんだ!!!


オイラ「もしもし」

男「バイトに連れてってくれ~」

オイラ「は????」

なるほど、その日はまたも日本海側は雪が降っちゃってる
と、いうことはァ・・・・・

またお前かぁ!!!!!!

だいたいお前のシフトの時間はAM1:00からじゃないのかぁああ!!!!!

そうです、以前オイラを孤独なる戦いへといざなった彼です!


車を持たない彼は雪などでちょっと距離のあるバイト先に行くのが
困難になるとオイラの車を頼ってこのような手段を取ります

結局、一日引きこもってたので雪に埋もれてた車を掘り起こしバイト先に向かうことに・・・


おかしい、オイラはもうバイト辞めたんじゃなかったか?
なんでまたオイラが今までシフトに入ってた曜日にに同じようにバイト先に来てんの??
などと疑問に思いつつ、
先週お別れしたはずの相方に感動の再会を果たしたオイラなのでした・・orz


そう、このパターン、前にもありましたね。


でもこれね、この日だけではないんですよね。

残り1週間(2006/2/10(金) 午後 8:00)より

そんなオイラが昨日の研究室にてボーっとしてると
携帯に着信が・・!!

また着信ネタかと言う声を無視して電話にでると・・・


バイト先の女の子からの電話じゃあないですかぁああああ!!


オイラはもう辞めた人間ですよ?
もう仕事に直接関係した電話はかかってこないはずですよ?

ってことはなんかプライベートなお話ですか??

そうでなくとも送別会のお知らせとかじゃないんですか??


期待して話を聞いていくと・・・!!


女の子「あの、お聞きしたいことがあるんですけど・・・」

ほうほう、あれだ、ホラ、オイラの暇な日でも聞きたいのかな?
そうだなあ、卒論発表の終わったあとなら・・・

女の子「○○さんって電話番号変わりました?」


なんですと??


女の子「例のごとく○○さんがバイトに来てなくて・・・」



例のごとくバイトに来ていない・・・
またアイツかぁぁぁあああああ!!!!


なんでも毎度おなじみの彼ははまたも
本来30分前に着いてなければならないバイト先に来ておらず、
バイト先にある連絡表の彼の番号に電話しても変なおばさんにつながるんだとか・・・
それで仲のよいオイラに、番号がかわったのか、と。


はい、番号なんて変わっておりません。
おそらく、連絡先の記入ミスか、電話時の入力ミスでしょう


オイラ「わかった、じゃあオイラから行くように連絡しとくよ (;つД`) 」



いやー、当時は僕も真面目くんでしたが、社会人を経験した今の僕からすれば、
確かに会社に行けない日があったりするのはよく分かります。
分かる、分かるよ。

この場合は、単純に怠け癖という感じでしたけど、
でもね、
怠け癖って「やりたくないこと」に対して現れるんですよね。

結局、やりたくないことって、出来ないんです。

やりたいのに出来ないことは、苦労して努力しても続けた方が良い。
楽しく出来るようにする工夫だってしたくなる。
でも、やりたくもないことなんて、やってても周りも自分も生産性を下げます。

こういう、何か気が乗らないっていう状態のときこそ、
自分の心の声に耳を傾けると良いと思いますよ。
こころと身体は意外に色々とサインを出しているものです。



しかし今回もやっぱり10年前は、
ハイテンションな記事がかけていますね。
当時読んでいた「銀魂」の影響もありそうです。
(そんな昔から連載してるんです、意外とね)

当ブログの「退職」「憂鬱」カテゴリの古めの記事なんかと対比すると面白いと思います。
社会に出て人はどれほど変わるのか、
これが大人になるということなのか、とかね。


ではでは。