読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

10月8日、扇風機撤去につきようやく僕の夏が終わりました。

■映画・マンガ・アニメ ■健康
スポンサードリンク

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

もう秋分の日も過ぎ、絶好の運動会日和ですね。

まぁ、スポーツ苦手の運動嫌いなので、運動会は大っ嫌いだったんですけども。

 

そんな中、聞いて下さい。

とうとう、「僕の中の夏が終わった」んです。

 

 

いや、別に恋だの青春だのという比喩ではまったくありません。

 

まずは、こちらをご覧下さい。

 

1444367396781

 

誰が夏が終わった、なんて言ったのか知りませんが、

少なくとも僕が暮らすこの部屋では、未だに温度はこのぐらいだったんです。

写真は、9/11ですが、10月に入ってもずっとこの調子でした。

 

外気温はだいぶ下がってきていますが、部屋の中は涼しくならないのです。

 

※ 逆にこの部屋は真冬でも、15℃ぐらいをウロウロしてます。

  10℃を切ったことは一度もありません。

 

  大学生のときに住んでいた部屋なんかは、部屋の中でも2℃しかなくて、

  凍えながら朝のシャワーを浴びていて本当にツラかったことを思うと、

  環境なんて変われば変わるものですね。

 

 

扇風機をしまうタイミングはいつですか?

 

それがこの2、3日の間に急にこのぐらいになってきました。

IMG_20151007_231651

 

クーラーは、9月第1週ぐらいから封印していたのですが、

前述の通り、なぜかこの部屋はやたらに暖かいので、まだ扇風機は使っていたんです。

 

僕の感覚的には、26ぐらいから冷房なしで過ごせるようになってきます。

という訳で、扇風機を片付けました。

 

いやー、ようやくですよ、ようやく!夏が終わりました!

 

季節の変わり目には風邪の野郎がやってくる

 

しかし、この温度変化は、急にガクッとやってきます。

ゆるやかにではなく、ある日を堺にパッと変わりますよね。

今回もわずか2、3日で急に変化しました。

(きっと今年も秋は短いんだろうなぁ・・・年々短くなる)

 

そうなってくると必ずやってくるのが、アイツです。

 

そう、風邪の野郎

 

僕と風邪はいつも仲良くしているので、だいたい年4回ぐらいは扁桃腺を腫らすまで行きます。

 

ところが、今年、無職になってからは、まだ一度も腫らしてません。

 

 

扁桃炎は未然に防げるという確信

 

去年までの無茶な働き方では、

弱ってくるとすぐに扁桃炎になっていました。

 

 

今回も、気温の低下に合わせて微熱が出たり体調が悪くなっていきました。

 

でも、今年の僕は違います。

「あ、これは来そうだな」と感じたので、早めに、風邪薬を飲むようにしました。

予兆の段階で手を打っておけば、扁桃炎に至る前に対処出来ます。

 

体調が悪くなるというのは、身体からの明確なサインなのに、

去年までの僕はそれをいっさい聞いて来なかったのです。

 

それに、30代に突入してからか分かりませんが、

今までは38℃台後半とかの熱があっても平気で仕事をしていたのですが、

最近は37℃前半でも明らかにしんどいと感じるようになりました。

もう動けない、と思うほどです。

 

色々なことを我慢したり、殺していくと、

段々と全てに鈍感になっていきます。

普段から寝不足過ぎて疲れすぎていて、何がツラいんだか良く分からくなっているから

風邪の予兆も見逃してしまう。

 

一時は、扁桃線の切除手術も考えましたが、

逆にこれが疲れてないかどうかを判断する指標として使えるな、

と、最近は考えるようにしています。

 

耳を傾けて下さい、そうしたら気づけます。

扁桃腺の腫れも未然に防げるようになります。

 

 

ではでは。