読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

(予告)無職には旅をさせよ、~編、はじまります。

■るろうの旅 ■映画・マンガ・アニメ ■るろうの旅-台湾
スポンサードリンク

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

先日こんな話をしました。

 

www.coyapuyo.com

 

すんごくざっくり言うと、「いい機会なので旅行に行ってもいいよね」という話です。

 

 

しかし、この僕は今、

純然たる無職」、または「パーフェクトリー無職

と呼べる状態です。

 

そんなことしてる暇があったら働け!」、

とお叱りを受けるような状態なんですよね・・・

 

しかし、ですよ?!

 

やりたいことをやろうと思ったときにやれない、

行きたいと思ったときに行きたいところに行けない

そんなことがあっていいのか、と!

 

 

うん、いや、いいのかもしれないけど・・・

 

 

いやいや、出来るだけないほうが良い。うん、いい。

きっとそうに違いないに違いない。

 

 

うだつの上がらない現状を打破するために旅立つ。

 

ということで、ワタクシこやぷよは、

ちょっとフラっと旅に行ってこようかと思います!

 

結構煽った入り方をしてしまいましたが、

よくある「無職が思い切って何ヶ月も旅に出る」

ような大それたものではありません。

2,3日出かけてこようっていう只の小旅行ですのであしからず。

 

この編にも小物っぷりが現れていますね、ガッカリだよ!

 

 

対価がないと何もしてはいけないのか

 

とはいえ、やっぱり今回旅は完全赤字であることが問題です。

(いえ、むしろ、普段の暮らしからして純度100%の赤字なんですが。。。)

 

本来なら、お金や融資・協力者をかき集めたり、

コストを削ったりなんだり、やりたいことをやるために

そういった姿勢がが必要なんだとは思います。

 

が、「過去の遺産にすがって安易に手元のお金で解決する」

という手を使って今回は動いてみようと思います。

 

まぁ、良いじゃないですか。

 

順番が逆。

先にやりたいことをやっているウチに、お金とかは後からついてくる。

そうしないことには始まらない

 

みたいな話を聞くこともあります。

 

「我慢の対価としてのご褒美という価値観」に対するアンチテーゼですね。

 

ま、出来るんだからやってみましょう。

本当になんともならないときはなんともならないですし、

検討の余地があるウチは、まだ出来るんですよね、きっと。

 

という訳で、無理やり言い聞かせて無職旅行を正当化します!

 

なんだよ、単純に旅行に行きたいだけかい!

 

 

思い立ったがなんとやら・・・

 

突然ですが、明日(2015/12/14)から出発します!

急に思い立ってから4日での決行と相成りました。

せっかく無職ですからね。

 

明日からの道中では、Twitterでも呟いたりなんかもしちゃおうかなと思ってます。

酔狂で奇特な方がいらっしゃれば、ウォッチしていただけると喜びます。

 

あと、試みとして、

コイツを連れて行ってみるのもありかなと思ってるんですよね。

 

IMG_20151213_153713

 

www.coyapuyo.com

高かったですし。

 

 

ちょっとだけ着込んで頂いて、

旅のお供、「旅子(仮名)さん」としてお願いしようかと。

 

出発前旅子

 

「しょーがないわね、とりあえず着いていってあげてもいいけど?」

 

 

 どうやら、悪い返事ではなさそうです。

 

 

ではでは。

 

続きはコチラ↓

www.coyapuyo.com