読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

無職には旅をさせよ、台湾編。鳥かごの中の終身雇用

■るろうの旅 ■るろうの旅-台湾
スポンサードリンク

IMG_20151216_124003

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

台北にも動物園があります。

トリップアドバイザーさんでもまずまずの評価ですね。)

MRTの文湖線、その名も動物園駅から行けます。

当初行く予定にはしてなかったのですが、行ってみることにしました。

 

しかも、なんと脅威の入園料大人一人60NTD!

(このときのレートで約200円ちょい)

 

 

安い。安すぎます。

しかも、「小さくておまけみたいな動物園」では全然なく、かなり広大な敷地面積を誇っています。

3時間ぐらい滞在しましたが、左から進んで1/3ぐらいしか回れませんでした。

IMG_20151216_144536

 

そんな広大な敷地と動物達を、どうやって200円で維持しているのでしょうか?

エサとかちゃんと食べてるのでしょうか?

心配になってきますね。

 

 

実際に中に入ってみると、そんな心配は杞憂に終わりました。

皆ちゃんと活き活きと暮らしているようでした。

 

IMG_20151216_143021

 

ああ、違った。

コイツは生きてなかった。

 

正しくはこっち。

 

IMG_20151216_130520

いいですね。

ほのぼのします。

 

中には、ちゃんと暮らしすぎてこんなことになっている子たちも。

IMG_20151216_125829

 

IMG_20151216_131632

うーん、のんびりです。

 

よくよく見るとこんな案内が・・・

IMG_20151216_132306

 

「うらやましい、うらやまし過ぎるぞ・・・!コアラよ!」

 

コアラは、20時間「睡眠・休憩」して、「社会的行為」は4時間!

つまり、労働時間が4時間!!

コアラはほとんど寝てるか休憩してるか食事してるんですね・・・!

 

こんな暮らしに憧れるなぁ・・・などと思いつつ。

あ、今の自分も、すでに似たような暮らししているのかもしれないな、

ともちょっと思ってしまいました。

(長くは持ちません!)

 

 

そんなコアラさん達、

見世物にはなってしまっていますが、

それを売ることで身の安全と終身雇用を確保しています。

食うにも寝るにも困りませんし、病気になれば先端医療を受けられるでしょう。

素晴らしい。

 

 

その他の動物達も、ありがちな殺風景なコンクリートの檻とは違って・・・

 

IMG_20151216_140951

 

元々の地形を活かした屋外型の自然ブースみたいな造りが多かったですね。

ノビノビとしていていい感じ!

自然そのままっぽいのも過ごしやすいでしょう。

この中で、安全を保障されているんですね。

 

 

・・・

 

 

 

・・・でも。

 

 

 

・・・・それでも。

 

 

 

どんなに大き目のブースであっても、精々50メートル四方ぐらいのブースの中。

 

「一生この中というのは、僕には耐えられない」

僕はそう感じてしまいます。

 

 

僕は、基本的にはコアラの暮らしをベースにしたいという欲求はあります。

でも、「それだけ」だといつか物足りなくなる

 

たまには外に出てみたいし、外の世界を見てみたい。

 

 

 

 

余談ですが、同じ理由で僕は離島ぐらしというのもあまり落ち着かないんです。

世界の果てがものすごく狭い感じがして、

自分の世界がここまでしかない、色んなものを見に行けないのが怖い。

沖縄本島ですらそんな気持ちを感じることがありました。

 

僕は、行動力はないですし、トロいですし、じっとしていたい性分ではあります。

でも、厄介なことにそれだけではダメなんです。

 

休憩しながら、自分のペースで、たまにの頻度で、

僕は他の世界も見てみたい、そういうややこしいヤツだったりするんですよ。

人間って割り切れないですね。

 

求めるバランスは人それぞれだと思いますが、

こうした自分の中でのバランスを自分で選択・調整出来ない状況こそが、

不幸なんだろうな、という気がします。

うん、出来るようになりたい。

 

 

鳥かごの中の終身雇用と弱肉強食のサバイバル、

皆さんにはどのように映ったでしょうか?

 

 

ではでは。