読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Coyapuyo Re:Works

30代に突入したITエンジニアが新卒で9年務めたSIer系から転職してみた結果、定時で帰れるようになりました。

1年の充電期間(?)を経て「こやぷよ」Re:Workしますよ、どんっ!

■退職
スポンサードリンク

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

 

今日は個人的重大発表です。

 

じ、実は・・・

 

働きます

 

なんと、働きたくないおじさんであるワタクシこやぷよが!

ついに、重い腰を上げて「働く」ことにした模様です。。。

 

Re:Workですよ!(タイトル回収)

 

 

理由は簡単、 現状維持が困難になったから

 

無職生活は素晴らしいものです。

その気持ちは今でも変りません。

 

「維持したいこの暮らし、守りたいこの笑顔(自分の)」

 

しかし、始まりがあるものには終わりがあるのが世の常。

とうとう楽園にも限界が訪れてしまったのです。

何故なら、収入がないのに、支出だけは毎月バリバリ発生しているから。

 

 

何だかんだ言って、何も変ったことは出来なかったというオチ

 

という訳で、

これから独立して育てた事業が軌道に乗って来たので

それで働いていきますよ~!

 

 

 

 

・・・

 

 

 

・・・・なんてことある訳ないでしょう!!

 

 

 

せっかく会社員を辞めたわりには、

(世間的には)特に尖った活動も出来ずに1年が経過しました。

そして、働く先も前職と同じIT関係のエンジニア(会社員)です。

 

レールを降りてみたものの・・・

家のない放浪の暮らしをするでもなく、

地方引きこもり暮らしをするでもなく、

都会のシェアハウスに引き込むでもなく、

ブログ飯に出来るようになるでもなく、

フリーランスになるわけでもなく、

自分で仕事やなりわいを作り出せる訳でもなく、

何か未経験分野に転身して働くでもなく、

結局は、元の鞘に近いところに戻っていくだけという。

 

 

年収も前職の3/5~5/4ぐらいに下がる見込み。

もしもそれで仕事内容が変わらないのだとしたら、

王道の転落パターンで転職の度に転がり落ちていくのを繰り返す未来が見えますね。

素晴らしい。

 

 

これが現実ッ・・・!圧倒的、現実ッ!

 

 

・・・か、どうかはやってみないと分からない

 

正直どうなるかは分かりません。

ただ、自分なりに色々な状況を踏まえての判断ではあります。

 

あまり語って来なかったのですが、

ここに至るまでの色々な状況や現実、感じたことがありました。

 

という訳で、

春からのサラリーマン生活が始まるまでの間、

最後のニート生活をかみしめると共に

退職・転職についてシリーズで語っていきたいと思います。

 

ネットに飛び交っているような独立成功話とはまた違った

しがない駄目人間のエピソードをお伝えします!

 

業界脱出や独立を考えている人の参考になればと思います。

 

 

ではでは。

 

 続き)

www.coyapuyo.com