なりふり構っていられちゃうウチは、まだ余裕がある、そういうこと

スポンサーリンク
■憂鬱

先日後輩君に進捗状況を聞いたところ、

「もう数時間ハマって進んでないんで、
 もうなりふりかまっていられません。
 泣きわめきながら鼻水垂らしながらでも、分かる人にすがりついて解決させます」

と言ってきた。

 

大した奴だと思った。

とんでもなく格好良いと感じてしまった。

それは何故か・・・・

僕が出来ないことを平然と言ってのけ、実際にやってのけているからである。

僕にはこれがどうしても出来ない。

なりでもふりでも、
とにかく構いまくりであるし、構っていたい。

そんなことをするぐらいなら、
その作業が完了しなくても良いと思ってしまうほどである。

僕は恥とかすこぶる嫌いだ。
めっちゃ気にする。

人に聞いたりして、
忙しいかったり、変な聞き方をして嫌な顔をされるのが嫌いなのだ。
それを心配して、
事前にシュミレーションを練りに練って、
シュミレーションの中でキレイに答えてくれるストーリーが出来ない限りは、
人に聞いたり頼ったりしない。

一見他人のことを考えている、
良い子ちゃんのようにも見えるが、
真相心理はきっとそうじゃない。

僕の求める答えが返ってこなかったり、
嫌な顔されたりしたら、
僕は相手にイラッとしてしてしまうだろう。

僕は自分がムカつくのが嫌で、人を頼らないのだ。

そんな甘いことを言っていられるのも、
結局はなりふり構っていられる余裕があるってことなんだろう。

とんだ甘ちゃんだけど、
当面ここを譲るつもりもなく、甘ったれて生きていくよ。
僕にはこれを曲げることはどうしても出来ないのだ。

コメント