Huawei Ascend Mate7ってどうなの?

スポンサーリンク
■デジモノ

スマホをXperiaちゃん(Z1の姉妹機、UL)からAscend Mate7に乗り換えました。

1周間ほど使ってみたので、
その使用感をお伝えします。

 

標準的なスペックの情報などは他のブログやYouTubeに
任せるとして、今回は自分が使っていて気になったところをば・・・


———————–

  1. デカ過ぎて使えないんじゃないかという恐怖
  2. バッテリーのもちが半端じゃあない
  3. 意外と高音質
  4. 中華製という恐怖
  5. Huawei伝統のFOMAプラスエリア非対応
  6. なにげにケースが気に入った。

———————–


1.デカ過ぎて使えないんじゃないかという恐怖

  自分は男子(いや、ただのおっさん)であるが、
  正直5インチ以上だとデカすぎて画面に指が届かない。
  (たぶん届くギリギリ限界は5.5インチと思う。)

  スマホを、携帯というよりはPC的に使っているので、
  画面はでかい方が良くて、Xperiaも当時5インチ機種はほとんどないときに
  飛びついて購入した。
  
  しかし、さすがに6インチクラスとなってくると、
  かなりデカイ。5インチのXperiaがおもちゃみたいに見えてくる始末。
  
  という恐怖と、1周間戦ってみたが、まったく問題はないという結論に達した。
  もちろんホーム画面の並びとかは多少工夫して配置する必要があるが、
  全然問題ない。
  片手操作用のワンハンドUIやGoogle日本語入力の片側寄せとうを組み合わせれば
  片手操作も軽快ではないにせよ可能である。

2.バッテリーのもちが半端じゃあない

  スマホで4100mAhも搭載しているのは、この機種ぐらい。
  しかも、やたらに最適化アプリやバックグラウンドの制御が
  しっかりしていてあまりバッテリーを消費しない。
  理論値の最大で2日~3日持つという機種は増えてきたが、
  この機種は本当に普通に使い倒して2日は持つ。

3.意外と高音質

  イヤフォンに繋いで音楽を聞いたときの音質はかなり良い。
  いや別にそんな音のことなんて分からない素人だけど、
  XperiaのWalkmanアプリとくらべても良い音だと感じる。
  ただし、これは標準の音楽アプリから聞いたときのみなので注意。
  
  そして、噂のスピーカー音質。
  悪い悪いと評判なのだが、個人的には結構良いと思う。
  しっかり聞こえて音量も出るし、モノラルなんて気にならなかった。
  これもむしろXperiaよりも良いかも。
  感覚的には、MacBookAirの音に近い気がする。
  確かにちょっとスカスカっぽい音はするが、あれを僕は気に入っており、
  MacBookAirの音が好きな人にはあるかもしれない。
  

4.中華製という恐怖

  全体的にサクサク動いているし、これといった不具合にも遭遇していない。
  デザインやUIもこだわろうとしている意欲は感じるし、問題ない。
  外装はHTC One、OSのUIはiOS、リスペクトが感じられるけど問題ない。

  ちょっと純正のアルバムや音楽アプリがシンプル過ぎて、
  機能的に弱いかなという感じはするけれど・・・

  総じて、全然良い。
  中華だろうがなんだろうが、良いものは良いのである。

5.Huawei伝統のFOMAプラスエリア非対応

  これが一番の大問題。
  800MHz帯のFOMAプラスエリアで電波が掴めないという噂が立っている。
  実際そうだという報告もチラホラ見受けられる。
  
  どうやら、
  H/W的には、850MHzに対応しており、かろうじて掴める可能性があるが、
     S/W的に、無効にされており結局つかめない。
  という状況の模様。
 
  しかし、1月に技適を通過したとの噂もあり、
  S/Wの部分だけなら今後のアップデートで改善される可能性がある。

  Huaweiという会社がアップデートに取り組む姿勢などは
  まだ分からないが、すぐに型落ちする機種にも
  リソースを振り向ける余裕があるのなら対応してくれることを願いたい。

  ここさえどうにかなれば神端末認定出来る。
  

6.なにげにケースが気に入った。

  これは本体とは関係ないが、
  以下のケース(これまた中華製)がかなりしっくり来て良い感じだったのでオススメしたい。
  裸で使うより大きくなるかと思いきや、格段に持ちやすくなるし、
  見た目も損なうことはない。
  なぜだか、ボタンを押した感じも気持ちよくなる。いい感じ。
  

■追加レポート
Ascendmate7とGWを過ごして分かったこと
初めての現地SIM(マレーシア編)

コメント