退職後の年上の後輩、先輩って呼ばれるのも変じゃない?

スポンサーリンク
■退職

退職前の後輩で今でも飲み行ったりしてくれる人がいる。
いや、いないでもない。

だけど、最近ちょっと気になることがある。

 

その後輩は年上の後輩で、
職場を離れてしまった今となっては只の年上になってしまうのだ。
あれ?これってどうなんだ?

その後輩はちゃんと下から来てくれはするけれど、
これってば結構考えさせれれる問題じゃあなかろうか・・・

社会人としての経験年数、
会社での経験年数で、先輩後輩が決まるとしても
こちらが2年働かなかったとしたら、
その間に並ばれてしまう。

やっぱりそんなこと気にしても仕方がないというもの。

そもそも、単純に長くやってるか、短いかなんて、
あまり指標にはならない。

自分から見て尊敬出来る人には敬意を票するし、
そうでなければ敬意を票する必要もない。
人間的に経験を積んでいるとか、スキルを積み重ねている、とかね。

人間は寝てても歳を取る。

つまりはそういうことなんだろう。

コメント