フィギュア「figma:archetype」、デッサン人形として優秀なのは本当だった

スポンサーリンク
■映画・マンガ・アニメ

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

今日は、「本来デッサン人形ではないのにデッサン人形として超優秀」な

figmaのarchetypeについてご紹介します。

こんなやつですね。

IMG_20150925_150238

figma:archetype(アーキタイプ)の優秀さ

所謂デッサン人形というと、画家とかイラストレーターといった人が「人物」を書くときのモデルに使うアレですね。

通常はこんな感じで、木で出来たかわいいものです。

よしあき「それに引き換え、見てくれよ、俺のこの筋肉」

IMG_20151005_141505

エリカ「なんか恥ずかしいんだけど、服着たい・・・」

IMG_20151005_141408

よしあき「それがいいんじゃないか!本格的ではないけど、

簡易的に筋肉も意識したデッサンが出来るんだぞ?」

エリカ「まぁ、格好の問題は目をつぶってあげるわ

それよりも、この柔らかさをを見て欲しいわよね!」

IMG_20151005_141627

よしあき「ほう、やるな、俺だって負けんぞ!ふおおおお!!!」

IMG_20151005_141724

エリカ「可動域ではアタシの方が上みたいね、フフッ」

IMG_20151005_141852

よしあき「ふん、いいのかそんなこと言っても・・・?」

IMG_20151005_140508

エリカ「あら、やる気?」

「いいわよ、男になんか負けるわけないけど、その気概だけは買ってあげるわ」

IMG_20151005_140521

よしあき「ふん、言ってろ!」

IMG_20151005_135558

よしあき「まだまだぁ!!!!」

エリカ「ぬるいって、言ってるのよ!」

IMG_20151005_140201

よしあき「くそー、何故だ、何故当たらん!!」

IMG_20151005_140618

エリカ「まだ気付いていなかったの?」

「アンタのその無駄にでかい筋肉がスピードを殺しているのよ」

IMG_20151005_140653

よしあき「何だと?!」

エリカ「どんなに大きなパワーも当たらなければどうということはないわ」

IMG_20151005_140731

よしあき「ちっくしょーーー!!!!!当たりさえすればぁああーーーー!!!!」

IMG_20151005_140936

エリカ「フッ、これでチェックメイトよ!」

IMG_20151005_140827

IMG_20151005_152031

バキィイイ!!!!

IMG_20151005_141110

よしあき「ぐあーーーーーーーーーーーー!!!!!」

IMG_20151005_141203

そしてこのお値打ち価格!!

茶番終わり。

いやー、優秀過ぎてこんな茶番までも出来ちゃうんですよ!

これだけの機能がついて、お値段なんと!

 男性のheが約「10000円」、女性のsheが約「16000円」!

※ 【201811追記】その後、sheはプレミアが解けてお安くなっているみたいですね。

created by Rinker
マックスファクトリー
¥8,000 (2018/12/14 20:16:28時点 Amazon調べ-詳細)

 

created by Rinker
マックスファクトリー
¥5,900 (2018/12/14 20:16:29時点 Amazon調べ-詳細)

 

いやー、無職の僕にも優しい安心安全の料金設定ですね!

figmaさんはフィギュアの制作で有名な会社ですが、

その行き過ぎた技術がここまでのことを可能にしてしまったんです。

本来は他のフィギュアの元になる素体、という形で発売されました。

ところが、これが尋常じゃない可動域で、これ以上に動いてポーズが取れるフィギュアやデッサン人形はちょっと簡単には見つかりません。

(他にもデッサン人形として優秀と言われるフィギュアはありますが、これほどのものは多分ないと思います。)

そこに目をつけられてしまって、とんでもなく価格が高騰してしまっているんです。

他のフィギュアとくらべても着色とかも簡単ですし、キャラの版権もないので、

本来の定価のお値段は、2000円台だったみたいです。

そこから希少性のプレミアがついて6~7倍ぐらいに跳ね上がっちゃって・・・

もともとは数年前に発売されていたものですが、ほどなく完売、

今年2015年の夏に復刻再販されるもまたすぐに価格が高騰。

僕は、2015/9末に購入しましたが、

その時点で在庫が残り1個とか2個の世界だったので、

これを逃したらもう手に入らない、という恐怖が値段を超えてポチってしまいました。

人によってはそれぐらいの価値がある代物ですよ、コレは。

それにしてもこの茶番手法は使えるかもしれない

絵を描くよりは断然手間がかからないからいいですね。

「俺たちの冒険は始まったばかりだ。」

 こやぷよ先生の次回作にご期待下さい。

ではでは。

↓次回作?

www.coyapuyo.com

コメント