トータル300記事到達!思えば遠くまで来たものだ

スポンサーリンク
■デジモノ

300記事達成

この投稿で300記事目になるみたいです!

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

この記事数は、人によっては受ける印象が全く違うものになるんでしょうね。

プロブロガーやライターの人からすればゴミみたいな数字

(やっとスタートラインに立つ権利を得たかな?ぐらい)だし、

そうかと思えば、

アクセス数0をさまよいながら始めた人にはそれなりの意味がある数字でもありますよね。

僕としては1年分という意味において、

365記事を一つの境目にしたいと思っていたりもしたんですが、

きっと、300もそれなりに意味はある、いや持たせよう。

ちなみにこの数字は、

はてなに引っ越す前に描いていた記事のインポート分も含んでいます。

(初期の頃には、カウントしても良いかどうかわからないようなゴミ記事もあります。)

ブログをはてなブログに引っ越しました。その理由を語ります。
熱心な皆さんのことですから、すでにお気づきのことと思います。 そう、ブログを「若干」リニューアルしました。  

なんとか続きました。

えっちらおっちらと何とか続けてこれたのは、

間違いなく「無職だから」ですね。

ええ、時間はあったので。

会社員時代の末期からブログを始めてはいたのですが、

その頃は週末に1記事書くのが限界でしたし、

内容も400文字ぐらいの日々の愚痴ばかりでした。

「GWよ、待ってくれ」今年も休めない戦士の嘆き
// ダメだ。 行ってしまう。

ええ、ひどいもんです。

そこからすれば、

文章力のようなものはだいぶマシにはなったんじゃないかなと思います。

(今は、多ければ2000文字~3000文字ぐらいの記事を書ける時もあります。

これも人によっては雑魚みたいな数字ですが、最初よりは、ね。)

昔の感覚を取り戻せただろうか

失ったユーモアも少しは取り戻したかななんて思ったりもしますが、

まだ昔の自分の6割ぐらいしかセンスがない気がしますよね。

昔の自分はこんなにも面白かったのに・・・

■憂鬱-10年間の変化
「■憂鬱-10年間の変化」の記事一覧です。

10年前学生の頃に描いていた文章を再掲したやつですね。

社会が人を変えてしまうんでしょうか、大人になるって怖い・・・!

取り上げてもらうことも少しだけど、ある。

多少は読んで下さる人も増えてきて、

直近でも、ポジ熊 (id:pojihiguma)さんに言及して頂きました。

実は人生初の言及だったりするんですが、ありがとうございました。

Entry is not found - ポジ熊の人生記
雑記ブログの育て方をメインコンテンツに、時事オピニオンや書評などを日々更新中です。

せっかく「はてな」に来たんですが、

あんまりこのあたりの交流みたいなことは出来てないんですよね。

まあ、人見知りを発動しているのでこれでいいんですけども。

賑わってる雰囲気を傍からから見ているぐらいが自分には丁度良くも感じます。

(コメント等への反応が薄いのはごめんなさい、そういう性格なので。。。)

そして、もうひとつ。

数日前に書いたLINE LIVEに関する記事が、

LINEの執行役員である田端 信太郎 (@tabbata) | Twitterさんに補足されるという経験もしました。

エゴサで見つかったんでしょう、思いがけず田端砲を受ける形になりました。

LINELIVEに可能性を感じる、「さしめし」を知っていますか?

LINEが提供する動画番組配信サービス「LIVE」が好調です。中でも「さしめし」という番組が興味深かったので、ご紹介します。

妙なアクセス流入があるとすぐに分かりますよね。

(アクセス解析って怖い)

といってもそこまで大きくバズったわけでもありませんし、

「こいつ分かってないな」的な言及だったのかもしれませんけどね。

(僕側はエゴサしないので、記事がどういう評価で読まれたかは不明だったり。。。)

少しづつは進んでる

といった訳で、

なんだかんだ少しづつは進んでいるという感じでしょうか。

よくある運営報告みたいに開設○ヶ月で○十万PV達成なんてうまくはいきませんが、

少なくとも最初の頃よりはどこかには進んでますよ。

でもこれは、計画を立ててたどり着いたんじゃあないんです。

やっていたら何となくこんなところにいた、こんな場所になった、という感覚。

そうやって積み上げていく感じ、僕は嫌いじゃない。

途中で方針や気が変わってもいいんです、全然。

計画を立てるのが苦手な僕は、人生もそんなものなんじゃないかと思っています。

いいじゃないですか、

何かを積み上げていれば、それは「何か」になりますよ、きっと。

※冒頭の記念イラスト、うまくいったなぁ・・・

時間かけずに狙った雰囲気で描けると気持ちいい、というね。

ではでは。

コメント