ストレスで物欲に溺れてしまうという愚行

スポンサーリンク
■憂鬱

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

どうも最近はやたらと散財をしてしまっていけませんね。

と、いうのも
最近は仕事の案件が炎上しており、
過去の自分の経験から言っても3本の指に入る勢いで燃え上がっております。
ヒャッハー、楽しいですね!

散財に走る心理

なぜ散財に走ってしまうのか?
これはもうひとえに「精神を安定させるため」に他なりません。
いわゆるストレス発散というやつですね。

しかし、ここには悪魔が潜んでいると僕は思っています。

そもそも何故に散財がストレス発散になるのでしょうか?
単純にモノが得られるから?
モノやサービスがあれば幸せなのでしょうか?
確かにそれは大きな要素だと思いますし、直接的な要素はそこであることは疑う余地がありません。

しかし、その前段がとても大切なのだろうと僕は思っています。

お金で手に入るモノやサービスはとても簡単に手に入る

お金を手に入れること事態はとても大変なことです。
皆そのために必死に働いている訳ですね。

しかし、お金を手に入れるのは大変だとしても!
仮に手元に幾ばくかのお金があったとしたら!

すでに存在するお金を使うのはとても簡単な事です。

厳密に言えば、
お金を使うには理性が働いて抵抗や躊躇を感じる人もいるかもしれません。

「お金を使うのが簡単」、というよりは、
「お金を使って解決出来るのならそれはとても簡単だ」
という方が正しいですね。

そもそも自分がストレスを抱えているということは、
何かしらの問題、トラブルを抱えているということに他なりません。

それらが問題になっている、ということは、
事象が自分には外部要因で起こっていて制御出来ない、
対処の仕方がわからない、対処しても追いつかない
等のことが起こっているのだと考えられます。

一般的に、大体においてトラブルに進展をもたらすのは
「本人の勇気・本気度・行動」である、
というのがこの世の真理だと僕は思っています。
あくまでもこれらを起点・前提にして助けてくれる人が現れたりして、物事は前進していくようになるものです。

ただ、この勇気というのはそう簡単に出せるものではありません。
それが出来ていないからこそ実際に問題が解決しない、
そしてストレスが溜まってしまう流れにある、という人が多いのではないでしょうか。

お金で解決するときに、勇気と行動はあまりいらない

勇気を出せないことで問題が起きている、解決していない。
その問題自体は直接解決することは出来なさそうな状況が継続して続いている。
としましょう。

ストレスは溜まり続けるのに、あいかわらず勇気は出ない。
そのことに薄々勘付いてもいる、少しチクチクモヤモヤもしている。
そんなときに、お金を使ってお客様としうてモノやサービスを得るのはとても簡単です。
勇気はほとんどいりません。

86A3375D-4F54-48AE-98ED-4C1EF18B08AC

こんなことにこれだけのお金を使っても良いのか?
という勇気は必要かもしれませんが、
基本的にはお客様状態でいればあとは受け身で何かが手に入ったり解決したりするものです。

動いたり、頭を使ったり、
勇気を出さなくても、
自分自身が変わらなくても、
それは提供される。

こんなカタルシスと安心感が他にあるでしょうか。
そのままでいいんだよ、と言ってもらっているようなものです。
なんと甘美なる響き。
心理学的にも、そのまま存在しているだけで良い、と認められるのはとても幸福なことです。

僕はここに、散財の魔力があると思っています。

危険のサインでもあるから、うまく使い分けよう

直接のストレスになっている事象が、
もしもお金で解決するのであればそれは使った方が良いように思います。

例えば育児の多忙さに悩んでいて、
それがベビーシッターさんに頼ることでお金で解決するならやってみたらよいですし。
かかる費用と解決度合いのバランスにもよりますが、費用対効果がありそうなら使えば良いです。

自分の精神を安定させるために無理のない範囲で散財するのも良いとは思います。
ある程度は必要なことではあります。
しかし、あまりにも本来の問題に目を背けて別の方向に散財していたり、
本質から目を背けて溺れそうになっている場合は注意が必要です。
ふと立ち止まって、
本来の問題を解決に近づけるには自分自身が変わること動くことが必要であり、
そのためには勇気が必要だということを自問自答してみても良いかもしれませんね。

それにしても、ストレスが溜まっていると人に優しく出来ないのもツライです。
いわゆる功徳が足りないとヒシヒシと感じますね。
功徳が足りないと余計にトラブルは深まるばかりであまり良いことはありません。

皆さんもちょっとの勇気と感謝、意識してみると回りだすかもしれませんね。
自戒をこめて。

ではでは。

コメント