楽天モバイルの通信速度が耐えらないぐらい遅いと思ったら

スポンサーリンク
■デジモノ

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

楽天モバイルに乗り換えました。

スーパーホーダイは、「低速でも普通に使えるし問題ない」、とみんな言っている。

・・・のですが、自分の環境はどうにもおかしい。。。

耐えられないぐらい遅かったので、その解決までの道のりをここに残しておきます。

遅いなんてもんじゃない

僕は事前に、乗り換え前SIMの低速モード300kbpsを体験して自分の実用に耐えられるかを試していました。

それと比較しても遅い。遅すぎる。

遅いというよりもむしろ・・・

僕が体験した事象は、「固まる」というものでした。

Webサイトの読み込みのバーが、最初の10%ぐらいの位置でふん詰まり、1分ぐらい返って来ません。

遅いとかいう次元ではなく、完全に止まっている。

むしろ、初速についてはバーストが効いているハズんじゃないのか?

全く実用に耐えられない。

ネットで探しても類似の報告は全くなく、

これで苦情が発生しない訳ない、何かがおかしい・・・!!

その他にも不可思議な現象

あまりにもおかしすぎるので、色々と試して切り分けをしてみることに・・・

すると以下のことが分かりました。

  1. 高速モードにしても詰まる
  2. 端末のモバイル通信をON/OFFすると一時的に改善する
  3. 再起動などしても駄目、5分ぐらいで再発する

ここから分かることは、

・おそらく正規の品質ではないこと

・APN設定が悪いかもしれないこと(2つあるAPNのうち片方は評判が悪い)

・端末の問題かもしれないこと

ぐらいなのですが、

決め手に欠けるのでとりあえず手持ちの他の端末で試してみることに・・・

原因は、SIMカードの接触不良

端末を変えると、そちらはそこまで酷いことはなく、実用の範囲内でした。

(これか、みんなが言っているのはこのことなのか・・・!!)

ということは端末のせいなのか、

と思いきや、SIM差し替えのときに気がついたことがあります。

それは以下の2点です。

  1. なんだか引っかかる感じでSIMが取り出しにくかった。
  2. SIMカードの金色の基盤が、少し引っ掻いた感じになっていた。

あれ?

これはもしや・・・あまりにお粗末な・・・

そう、どうやら「SIMカードがきちんとトレイの枠にハマっていなかった」ようです。

つまりは単純明快、「接触不良」だったということでしょう。

そりゃあ、回線設備側やwebサイト側も大変だったでしょう。

へんなところで応答が途絶えたりエラーを吐きまくりだったでしょうから。

そんな状況でまともに動けという方が無茶というものです。

そんなこんなで、「きっちりトレイに戻してみるとその後は問題なく使える」ようになりました。

今回は、たまたま楽天モバイルでしたが、実際は回線会社は関係ない事象だったということのようです。

どちらかちえば端末側の話ですね。

とりわけ、自分の使っているHUAWEI nova3のトレイが安定しにくいということもあったのかもしれませんね。

という訳で、モバイル通信が止まってしまう、なんてことが起こっている方は、

再起動だけでなくSIMの抜き差しをしてみると改善するかもしれません。

この現象は調べても全く情報がなかったので、自分の経験をここに残しておきます。

ではでは。

コメント