2日連続でケツを強打することの意味を問う

こんにちは、こやぷよ(@coyapuyo)です。

遅めの台風が来たりする今日この頃。
台風なんてものが来れば、雨が降り足元が悪くなるのは必然とういうもの。

その日、マジでTooBadな階段が僕を待ち構えていました。

自宅アパートの階段、ヤツは危険だ

身近なところにこそ悪魔は潜んでいるものです。
それも、普段は優しいのに、雨の日にだけ狂気を剥き出しにして・・・。

自宅アパートにある半・野ざらしの階段


こいつがまあ滑るんですよ。
乾いていたら何でもないのですが、横殴りの雨で濡れるともうダダ滑り。

敢え無くケツを強打。
尾骨のあたりを強打。
MAJIで痛いッス!!

・・・出かけ際にテンション下がるやろ!

舐めてもらっては困る、人は学習する生き物だ

翌日も大雨。
痛みはまだ引かない。
しかし、出かける用事はある。
エレベーターもないので降りるには階段しかない。

舐めるんじゃあないぜ、僕は学習する男

あのムスカ大佐だって学習していた。
一度触った飛行石が熱かったことを学習し、2度目に触れるときは恐る恐る確かめてから触っている。
やれるハズだ。

僕はかなり慎重に恐る恐る足を着地させていった。


・・・が。

見事に滑った。


意味がわからない。
これだけ気をつけていても無理なんだったら、もう不可能なんだろう。
合気道の達人と相対したような気分だ。

完全に同じところを短期間に2度強打した。
痛い、さすがに痛い。

それからというもの、手すりを持つようになったらしいけれど、それはまた別の話。
どんなに備えていても、コトは起きるから皆んなも気をつけるんだぞ!

ではでは。

最新情報をチェックしよう!